ムーファの日記

出産準備から子育て、資産運用などで考えたこと、思いついたことを気ままに記載していくブログ

【2018年】ふるさと納税の検討

2018年もあっという間に2ヶ月が過ぎました。

そろそろ今年のふるさと納税を検討して、計画的に寄付して返礼品をいただきたいと思います。

ふるさと納税は、節税対策としても有効ですから活用していかないと損ですからね。

昨年は、子どもが生まれるということもあって、子どものためのものをふるさと納税の返礼品としていただきました。

今年は、妻の収入がなくなりますので私分のふるさと納税枠で検討してきます。

スポンサーリンク

毎年返礼品として頂いているもの

まず、生活で必要な「食」を中心にふるさと納税は検討していきたいと思います。

基本的には、お米や麺類となります。

香川県小豆島町の手延素麺太口

我が家は毎年香川県小豆島町の手延素麺にお世話になっております。

今年も家の在庫がなくなる時に、寄付をして返礼品としていただきたいと思います。

手延素麺は湿気に弱いので、湿度の高い夏の時期には保存に気を使わなければなりません。

料理する時間がないとき、食欲があまりないときは、こちらの素麺を茹でて簡単に済ますことができます。

ストックしておいて損はないと思っています。

www.furusato-tax.jp

無洗米

お米については、いつもここの自治体とは決めていません。

お米の返礼品にしている自治体は多いので、美味しそうな銘柄を見つけて寄付しています。

ここのお米と決めているのであれば良いのですが、いっぱいあって決められません。

誰かおすすめを教えていただけると助かります。

今年はこの辺からピックアップかな。

子どものためのもの

残った納税枠については、子どものために使いたいと思います。

おもちゃでも良いですし、去年返礼品として頂いた絵本とかでも良いかなと思っています。

今後の検討材料として、いくつかピックアップしておきます。

www.furusato-tax.jp

まとめ

昨年までは夫婦でふるさと納税を活用できましたが、今年は私だけとなりますのでふるさと納税枠が半分となってしまいます。

生活に関わる食を中心にふるさと納税枠を考えていきたいと思います。

どのくらいのペースで枠を消費するのか分からないので、年末に枠が余ったらまた探して行きたいと思います。

それにしてもふるさと納税のサイトを見てると、あれも欲しい、これも欲しいとなって色々と迷いが生じますね。

魅力ある返礼品を準備してくれる自治体、応援しています。

スポンサーリンク