ムーファの日記

出産準備から子育て、資産運用などで考えたこと、思いついたことを気ままに記載していくブログ

生後3ヶ月の予防接種 追加の予防接種票が届きました

役所から生後3ヶ月で接種が推奨されている予防接種票が届きました。

生後3ヶ月は2ヶ月のときに受けた3種類と今回の追加で4種類となります。

0歳の中では、一番多く予防接種する種類が多い時期でしょうか。

任意のロタウイルスを含めると、5種類になります。

スポンサーリンク

生後3ヶ月追加予防接種 四種混合

生後3ヶ月から追加で推奨される予防接種は「四種混合(DPT+IPV)」ワクチンとなります。

名前の通り、4種類の菌に抵抗力がつけられます。

4種類の菌は、「ジフテリア」、「百日せき」、「破傷風」、「ポリオ」です。

四種混合ワクチンは、不活性ワクチンで数回接種することによって免疫ができるようです。

生後3ヶ月から90ヶ月まで接種可能です。

標準的な接種回数は、4回。

1回目から3回目までは、20〜56日間隔です。

4回目は3回目から12〜18ヶ月の間に接種となります。

1.ジフテリア

ジフテリアはジフテリア菌の飛沫感染で起こります。

症状は高熱、のどの痛み、犬吠様の咳、嘔吐などで、のどに偽膜をつくり呼吸困難や窒息を起こすことがあるようです。

また、菌の出す毒素により心筋障害や神経マヒを起こしたり、死亡することもあるようです。

恐ろしい菌ですね。

2.百日せき

百日せきは、百日せき菌の飛沫感染で起こります。

普通のカゼのような症状で始まり、咳がひどくなり、顔を真っ赤にして咳き込むようになるようです。

乳児でも咳で呼吸ができずチアノーゼやけいれんを起こしたり、肺炎や脳症などの重い合併症を起こし、死亡することもあるようです。

3.破傷風

破傷風は、土の中に潜んでいる破傷風菌により傷口から感染します。

菌の出す毒素のために、口が開かなくなったり、けいれんを起こしたり、死亡することもあるそうです。

患者の半数は自分でも気づかない程度の軽い傷が原因のようです。

日本中どこでも菌がいるので感染する機会があるようです。

4.ポリオ

急性灰白髄炎(ポリオ)は、ポリオウイルスに感染したヒトの便中に排泄されたウイルスが口から入り、咽頭または腸で増殖するようです。

ほとんどが不顕性感染(感染しても病気としての症状が出ず知らないうちに免疫だけができるような感染)で終生免疫を獲得するようですが、100人中5〜10人は、カゼの様な症状で発熱を認め、続いて頭痛、嘔吐があらわれ、まれに麻痺が出現するようです。

一部の人には麻痺が残ることや、呼吸困難で死亡することがあるそうです。

まとめ

どれも感染すると大変なウイルスということが分かりました。

我が子は、生後3ヶ月で任意のロタウイルスも接種するので、5種類の予防接種を受けることになります。

予防接種も、ほんとうに大変ですね。

初めての予防接種は、何がなんだか分からずに過ぎたみたいであまり泣かなかったようです。

今回もあまり泣かなければ良いのですが。

これから暖かくなると外出も多くなってくると思うので、免疫を作って感染症を予防することも重要になってきますね。

計画的に予防接種を受けさせたいと思います。

ちなみに1回目の予防接種のときに、次の予防接種の予約をしているようなので、接種日を忘れないように管理していけば計画的に進めそうです。

ただし、病院によっては対応していない予防接種があるようなので、事前に確認が必要です。

スポンサーリンク

www.muu-fa.com

www.muu-fa.com