ムーファの日記

出産準備から子育て、資産運用などで考えたこと、思いついたことを気ままに記載していくブログ

子どもの教育資金準備のために ジュニアNISA申請を申請しました

子供が産まれたので、教育資金のことも考え「ジュニアNISA」を申請しました。

「ジュニアNISA」は親が親権者として、子どもの資産を運用していくことになるため口座開設するには親の書類等も必要になってきます。

少し揃えるのが面倒くさいですが、子どものためと思って申請しました。

スポンサーリンク

ジュニアNISAとは

まず、簡単に「ジュニアNISA」をご紹介させていただきます。

ジュニアNISAは2016年から始まった制度です。

未成年者を対象に年間80万円まで投資した分の配当金、値上がり益が5年間非課税となる制度です。

ただデメリットも有りまして、子どもが18歳になるまでジュニアNISA口座が引き出せないという点です。

年間80万を5年間続けるだけでもかなりの額となりますので、18歳まで引き出せないと何かあった場合は困ることも予想されます。

18歳まで引き出せないというと語弊がありますが、引き出すと課税されてしまうというのが正しいです。

詳しくは以下を参照していただけると幸いです。

www.muu-fa.com

www.muu-fa.com

まずは証券会社を決定する

ジュニアNISAを申請するにあたって、まずどの証券会社にするか検討が必要です。

親権者が運用することになるので、ジュニアNISAを開設するには親権者が口座開設しようとする証券会社の口座を持っていることが条件となっているところがほとんどです。

我が家は、SBI証券、マネックス証券、日興証券の口座を持っていますが、我が子のジュニアNISA口座を開設する証券会社として、私がメインで使っているSBI証券を選びました。

ジュニアNISAは通常NISAと違って、開設後は証券会社の変更ができませんので慎重に選んでください。

ジュニアNISAの申請

ジュニアNISAを申請するにあたり手続きに必要な書類を準備する必要があります。

各証券会社によって、手続書類が異なると思いますので確認することをおすすめします。

子どもの手続書類と、親の手続書類が必要となってきます。

SBI証券の場合は以下のような感じです。

●子どもの手続書類

  • マイナンバーカードもしくは通知カード
  • 健康保険証
  • 住民票の写し
  • 子ども名義の銀行口座

●親の手続書類

  • 運転免許証
  • 親子の証明書(住民票の写しでOK)

申請書は証券会社から送られてきますが、申請書類が多いので記載するのも結構時間がかかりました。

子ども名義の銀行口座は事前に用意しておかないといけないため、ジュニアNISAを申請する前に準備しておいたほうが良いです。

銀行口座の開設も結構時間がかかります。

www.muu-fa.com

SBI証券ログイン情報の連絡

申請書に不備がなければ、1週間〜2週間ぐらいで証券会社のログイン情報が送付されてきます。

これで晴れて、子どもの資産運用が可能となります。

ただし、「ジュニアNISA」の開設には税務署等への手続きがありますので(証券会社で手続きしてくれます)、開設までには1ヶ月ぐらいかかるようです。

ジュニアNISA開設まで待てないという方は、特定口座で運用することもこの時点で可能となります。

まとめ

ジュニアNISA開設までは、結構時間がかかりました。

まず銀行口座を開設するところから始まるので、2ヶ月は余裕で時間がかかります。

早く始めたい方は、事前に情報を集めることをおすすめします。

そろそろ我が家もジュニアNISAが開設されると思いますので、どの商品で運用していくかじっくり検討したいと思います。

www.muu-fa.com

スポンサーリンク