ムーファの日記

出産準備から子育て、資産運用などで考えたこと、思いついたことを気ままに記載していくブログ

今年は帰省できないため「お年賀」を配送しました

毎年我が家は実家に帰省をして親、兄弟集まって正月を祝うのですが、今年は我が子が誕生して間もないため帰省はしませんでした。

毎年決まったお年賀と会社のカレンダーを持っていっていたのです、今年は直接持っていけないためみんなが集まる実家に配送することにしました。

年末年始休み(正月休み)

私は仕事柄、海外の人とやり取りをすることがあるのですが、年末年始休暇があるのは日本ぐらいみたいです。

大体の国は1月1日ぐらいしか休日ではないですよね。

カウントダウンは各国盛大にやっている気がします。

その代わり、クリスマス休暇(12月)や旧正月(2月)の休暇が多いという国がありますが。

お年賀とは

もともとお年賀は、神様へのお供え物だったそうです。

それがいつしか新年のあいさつ回りの手土産に変わり、今では新年のあいさつに添える贈り物のことを「お年賀」と呼ぶようになったようです。

1月1日から1月7日までであれば、「お年賀」という言葉が使えるようようです。

正式には1月3日までの三が日とのことです。

お歳暮を送っている場合は、お年賀を渡さなくても良いみたいです。

ま、そのようなことを知っているのは、律儀な人か昔ながらの人でしょうか。

私は全く知りませんでした。。。

お年賀にもいろいろとマナーがあるみたいです。

我が家の今年のお年賀は

今年のお年賀は親から私達の兄弟に渡して貰う必要があったため、年末に実家に届くように手配しました。

毎年決まったお店のお菓子を用意するのですが、日持ちがあまりしないので今年のお年賀は我が家が好きなもので日持ちするものを選びました。

そこで選んだのはこちらです。

榮太樓のどら焼きです。

こちらのお店は老舗なので贈り物にも最適です。

どら焼きも賞味期限30日ありますので、万が一早く届いたとしても安心です。

まとめ

今年は実家に行きませんでしたので、甥、姪に渡すお年玉も渡していません。

我が家は正月に会ったら渡すという主義なので。

子どもたちはお年玉を楽しみにしていると思いますが、今年は仕方ありません。

今まではお年玉渡すだけでしたが、来年からは我が子にも貰えるのかな??

来年の楽しみです。