ムーファの日記

出産準備から子育て、資産運用などで考えたこと、思いついたことを気ままに記載していくブログ

出産後の役所への手続き(出生届、児童手当、乳幼児医療、その他)

出生届は、出産から14日以内に役所へ届け出ないとなりません。

我が家では、退院した日に我が子と妻を家において、私が役所へ手続きに行きました。

役所では何回も足を運ばないようにまとめ手続きすることをおすすめします。

役所への手続き

出産後、役所で手続きすることとして以下があります。

  • 出生届
  • 児童手当申請
  • 乳幼児医療費助成申請
  • その他

できるものなら、まとめて手続きできたほうが効率的です。

出生届

我が家が住む自治体では、戸籍係で出生届の手続きができました。

必要なものは以下のとおりです。

  • 出生届
  • 出生証明書(病院で記載してもらう)
  • 母子手帳
  • 印鑑

出生証明書は出生届と一体となっていました。

左が出生届、右が出生証明書になっています。

記載事項を漏れなく記載して、提出します。

本籍を記載するところもありますので、住んでいるところと違う場合は確認が必要です。

最後に、届出人欄ですが誰が届出人になったか戸籍に記載項目となります。

後日自治体の戸籍関係の人に聞いたのですが、父母として登録したほうが良いとの話をいただきました。

手続きをした後で聞いたため、我が家の届出人は父になっています。。。

出生証明書ですが、結構会社への提出書類となることもあるのでコピーをとっておくことをおすすめします。

母子手帳には、「出生届出済証明」欄に役所の人が記載してくれて手続きが終了となります。

児童手当

出生届の手続きが終われば、児童手当の申請です。

必要なものは以下の通り。

  • 児童手当認定申請書
  • 申請者の本人確認書類(運転免許証・パスポートなど)
  • 申請者と配偶者のマイナンバー
  • 印鑑
  • 申請者の銀行口座
  • 健康保険証

児童手当は、配偶者のほうが所得が多い場合は配偶者が申請者となりますのでご注意ください。

また、配偶者のマイナンバー(個人番号)が必要となりますので忘れずに。

児童手当は2019年度に所得判定を世帯合算で判定する案を検討しているようです。

法案が通ると共働き世帯には不利になりそうです。

乳幼児医療

乳幼児医療については、子供の健康保険証が届いてからの手続きとなりますのでその場では行なえませんでした。

ただし、我が家の住む自治体は、健康保険証が届いたら申請書を郵送で送ってもらえば手続きをしてくれるとのことでした。

後日、申請書と子供の健康保険証のコピーを郵送し、完了することができました。

もう一度役所に行く必要がると思っていたので、郵送で済んで助かりました。

その他

新生児誕生祝品をいただきました。

区内で使える共通買物券3万円分でした。

子育て世帯にはいろいろお金はかかるので、助かりますね。

まとめ

役所には頻繁に行くことはないので、まとめられる手続きは纏めてできて良かったです。

また、医療証については郵送で行えたので、また有給を使わないとだめかなと思っていたので助かりました。

思いもよらぬ共通買物券もいただき、嬉しい限りです。

出生届、児童手当、乳幼児医療は全国共通ですので、手続きはあまり変わりはないと思います。

また、自治体のよっては他のサービスもありますので一度自治体のHPを確認することをおすすめします。

子育てに力を入れている自治体は、独自のサービスをしていると思いますのでぜひ確認してください。