ムーファの日記

出産準備から子育て、資産運用などで考えたこと、思いついたことを気ままに記載していくブログ

京都の牛カツ専門店でガッツリお肉を!(京都勝牛 ヨドバシAKIBA店)

こんばんは。ムーファです。

私、肉好きなんですよね。

子どもができて最近は外食は減りましたが、たまには外食でガッツリお肉を。

今回は会社帰りにいただいた、牛カツです。

スポンサーリンク

牛カツとは

牛カツですが、「スライスした牛肉にパン粉の衣をつけて食用油で揚げた日本の洋食」とWikipediaに記載されています。

揚げていますが、牛肉は非常にレア状態なので、肉の旨味を堪能できます。

ほぼ生肉食べている感じですね。

それを売りにしている専門店がいくつかあります。

今回は、京都発の牛カツ専門店 「勝牛」にお邪魔させていただきました。

京都勝牛

京都勝牛は、株式会社ゴリップが手がける牛カツ専門店のブランドです。

京都勝牛は、2014年11月に京都駅前店でブランド立ち上げたようです。

フランチャイズ化されており、今では主要都市に結構な店舗数があります。

牛カツは肉をミディアムレアに仕上げ、柔らかく肉を楽しむ調理法を採用しているようです。

60秒で揚がるようですよ。

今回は、「京都勝牛 ヨドバシAKIBA店」で頂きました。

牛カツ京玉膳

今回頂いたのは、こちら「牛カツ京玉膳」です。

お値段は1,380円。

こちら勝牛は、牛カツをたくさんのタレ、ソースで食べることができます。

写真の下の方に載っているのですが、左から
わさび醤油・山椒塩・牛カツソース・和風カレーつけ汁・京玉
となっています。

私はさっぱりいただくのが好きなので、わさび醤油でパクパク食べていました。

肉皿のアップです。

キャベツたっぷりでヘルシーですね。

豚カツみたいです。

豚カツと違って、牛カツはあまり揚げません。

こんな感じで、肉はレアで赤身のまま食べられます。

こちらのお肉はUS産とのこと。

ご飯のおかわりは無料ですので、牛カツがなくなったら、カレーつけ汁をかけて食べたり、京玉で食べたりと色々な食べ方が楽しめます。

大食いの方でも、お腹を満たすことができますね。

まとめ

お肉を食べたい人も満足できる「京都勝牛」いかがでしたでしょうか。

いろいろな味を楽しめますが、気に入った味があったらそればかり食べてしまっていました。

残ったカレーつけ汁、京玉はご飯かけていただきましたよ。

お肉も新鮮だから赤身のまま食べられるので、ステーキのような感覚で食べられると思います。

お肉をレアで食べることが好きな方は、おすすめだと思います。

ごちそうさまでした。

スポンサーリンク