ムーファの日記

出産準備から子育て、資産運用などで考えたこと、思いついたことを気ままに記載していくブログ

【いちご大福⑩】高林堂のいちご大福

こんばんは。ムーファです。

いちご大福終わりの季節ですが、まだ食べられました。

今回は、「高林堂」のいちご大福となります。

たまたま東京駅で期間限定で出店していました。

それもいちご大福が大量に。ラッキー。

それでは、ご紹介します。

スポンサーリンク

高林堂(こうりんどう)

高林堂は、栃木県宇都宮市に本店をもつ明治18年(1885年)創業の老舗和菓子屋さんです。

店舗数は、宇都宮市を中心に6店舗。

本当なら宇都宮市に行かないと買えない商品でした。

高林堂の看板商品は「かりまん」(かりんとう饅頭)。

宇都宮市民であれば誰でも知っている有名なお菓子だそうです。

黒糖風味の揚げたての皮の中にこし餡が入っている、まるでかりんとうを食べているような饅頭だそうです。

美味しそう。

とちおとめ大福

さて、高林堂のいちご大福は、栃木県の名産「とちおとめ」を使用した「とちおとめ大福」です。

イチゴが大福から顔を出しているタイプです。

1つ、250円。

本店のHPでは230円と表記されているので、限定出店のためちょっと高くなっているんですね。

こちらの「とちおとめ大福」は、1月から5月上旬までの販売だそうです。

日持ちはしませんので、当日中に食べることをおすすめします。

大福の中は、粒あんと生クリームが入っています。

さすが「とちおとめ」を使用していると言っているだけあって、イチゴは大きく良いものを使っています。

生クリームが入っていると、餡もまろやかになるんですね。

イチゴの酸味と餡の甘さが合わさって美味しいです。

イチゴが大きいのもポイントですね。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

いちご大福9弾で終了かと思いましたが、無事10弾までいけました。

5月まで販売しているお店もあるんですね。

また、見つけたらご紹介したいと思います。

スポンサーリンク