ムーファの日記

出産準備から子育て、資産運用などで考えたこと、思いついたことを気ままに記載していくブログ

赤ちゃんの首座りはいつごろか 我が子はまだ?

我が子は生後3ヶ月になりました。

そろそろ首がすわる頃だと思うのですが、どのようになったら「首がすわった」と言えるのか、はっきり判断することができません。

もうできているのか、まだできていないのか。

そんな赤ちゃんの首すわりについて、判断基準について調べてみました。

スポンサーリンク

首がすわっていない状態とは

生まれたばかりの赤ちゃんは首がすわっておらず首がグラグラで、抱くのも首を押さえて恐る恐るという感じでした。

生まれたばかりの赤ちゃんは首の筋肉が発達していないため、自分で頭を支えることができず、自分の思っている方向に顔を向けることもできません。

そのため、抱っこする場合は頭を支えて抱くなど、常に気をつけていないとなりません。

赤ちゃんは普段の生活の中で少しずつ首の筋肉が発達していき、徐々に首がすわるという状態になってきます。

早い子だと、生後1〜2ヶ月頃、平均的には3〜4ヶ月ごろに首がすわると言われています。

遅い子でも5ヶ月には首がすわるらしいので、なかなか首がすわらないと思ってもあまり気にしなくても良いそうです。

首がすわると抱っこが楽になったと実感が持てるらしいです。

首すわりの基準

首すわりを確認するためには、以下の方法があるようです。

縦抱きで確認

赤ちゃんの脇の下を持って縦抱きし、少しだけ傾けて赤ちゃんの首が重力に逆らって持ち上げることができたら首すわりと判断できるようです。

首がすわらないうちは、頭が重力に負けてガクンと垂れ下がってしまいます。

頭を支えながら確認したほうが良さそうです。

我が子の場合は、少しぐらいの傾きであれば頭を維持してくれますが、角度をつけすぎると垂れ下がります。

角度をつけすぎては誰でも重力に負けてしまいますかね。

仰向きで両手で引き起こして確認

赤ちゃんを仰向けで寝かして、両手で引き上げて確認する方法です。

ゆっくり引き起こして、頭が体と一緒に起き上がってくれば首がすわっている証拠となりそうです。

我が子の場合は、引き起こしても頭が一緒に起き上がってきてくれません。

うつ伏せで頭をあげるかで確認

赤ちゃんをうつ伏せにして、自分で頭をあげることができるかで確認する方法です。

頭をあげることができれば、首の周りの筋肉が発達している証拠となりそうです。

我が子の場合は、まだ頭をあげることができません。

まとめ

我が子の場合は上記の方法で確認して、まだ首がすわったとは言えなそうです。

でも、だいぶ自分で頭を動かしますのでそろそろかと思っています。

赤ちゃんの第一段階として首すわりができるようになれば、今後の寝返りやハイハイなどできてくると思うので、成長が楽しみですね。

たくさん一緒に遊んで、いろいろと刺激させてあげたいと思います。

スポンサーリンク