ムーファの日記

出産準備から子育て、資産運用などで考えたこと、思いついたことを気ままに記載していくブログ

【資産運用】3/5-3/9 経済状況 アメリカ大統領の行動に注目

先週末は、NYダウ、日経平均とも上がって終わりました。

日経平均は+101.13円、+0.47%の上げ幅でした。

一方NYダウは、+440.53ドル、+1.77%と力強い上げ幅でした。

2月月初に始まった調整局面、まだボックス相場という状態です。

どちらに向かうのかまだ先が見えてきません。

円相場については落ち着いてきています。

1ドル106円台と円高も一段落という感じです。

NYダウ

f:id:muu-fa:20180310230223g:plain

日経平均

f:id:muu-fa:20180310230238g:plain

ドル円

f:id:muu-fa:20180310230252g:plain

スポンサーリンク

円高は一段落

先週は1ドル106円台で取引を終了しました。

トランプ米大統領が北朝鮮の金正恩・朝鮮労働党委員長の申し出に応じ、5月までに初会談を行う意向を示したことが伝わったことで、安全通貨としての円を手放す動きが出たことも、円の下落につながったとのことです。

約1週間ぶりの高値になったようです。

それにしてもまだまだ円高だと思います。

これから落ち着いてくるのかもしれません。

アメリカ株市場

先週のアメリカ株市場は、先々週末より上げて取引を終了しました。

3月9日の上げは力強かったと思います。

ナスダック指数は最高値を更新したそうです。

2月初旬の調整や3月頭の調整も全然関係ないような感じですね。

1週間では、S&Pが3.5%高、ダウ平均が3.25%高、ナスダックが4.2%高を記録したそうです。

我が家の先週の動き

個別株に指値で指していましたが、届きませんでした。

買いについては、引き続きじっくり待っていきたいと思います。

ドル転は、少しずつ進めています。

まだ円高だと思っていますので、少しずつドルを増やしていきたいと思います。

先週の資産状況

我が家の所有株は、未だ全体としてマイナスです。

含み損益は-1.73%。

先週よりかは徐々に回復してきています。

アメリカ株は徐々に上がりだしてきているので、買い時が難しくなってきました。

まとめ

先週からパラリンピックが始まりました。

今のところ市場にあまり影響はない感じです。

トランプ大統領の鉄鋼とアルミの輸入制限を正式決定したことや、北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長と会談するとの報道がありましたのでこれらのことが市場がどのように反応するのかが気になります。

鉄鋼、アルミの輸入制限については、世界的な貿易戦争への懸念が浮上してきますので、今後の動向に注意が必要です。

それにしても、我が家はコツコツと買い増していきたいと思っています。

スポンサーリンク