ムーファの日記

出産準備から子育て、資産運用などで考えたこと、思いついたことを気ままに記載していくブログ

赤ちゃん用にウォーターサーバーを導入しました(プレミアムウォーター)

f:id:muu-fa:20171009111405j:plain

先日、ヨドバシカメラで洗濯機を購入時にウォーターサーバーも一緒に契約しました。
支払うのは水だけで、ウォーターサーバーのレンタル費用や初期費用はすべてヨドバシカメラで持ってくれるという話でした。
ちょうど我が家はこれから子どもが生まれるし、ウォーターサーバーがミルク作りに良いらしいと話を聞いていたので、検討する時間もなくその場で契約することにしました。
あとになっていろいろ調べてみるとレンタル費用は取っていない会社も多かったので口車に乗せられたなと感じはしましたが、今となっては頻繁に使用していますし、非常に満足しています。

今回は、このウォーターサーバーについて、記事にさせていただきます。

ウォーターサーバーとは

ウォーターサーバーは機械に専用のボトルをセットすることで、冷水、温水がいつでも簡単に使用できる機器です。
衛生的であり、病院等でよく見かけたりすることがあります。
現在は、家庭用としても需要が高まっているようです。

ウォーターサーバのメリット、デメリット

メリット

  1. いつでも安心でおいしい水がいつでも飲める
    ウォーターサーバーの水は専用のボトルで提供されます。
    ボトルの中身も種類がありますが、濾過水や天然水があるようです。
    ウォーターサーバーの機器は水を衛生的に保つ機能が備わっているため、いつでも安心な水を飲めるという仕組みとのことです。

  2. 手軽に飲める
    費用もペットボトルとさほど変わらない単価で飲めますので、経済的です。
    また、ペットボトルと違ってボタンを押すだけで、冷水、温水が出てきますので、ペットボトルを冷蔵庫から取り出す、やかんでお湯を沸かすという手間が省けます。
    ウォーターサーバーを導入してから、お湯を沸かすという機会が一気に減りました。

デメリット

  1. 電気代がかかる
    ウォーターサーバーは機器で冷水、温水を制御しますので、どうしても電気代がかかります。
    最近のウォーターサーバーでは、電気代もかなり抑えているようなので、そんなに気にしなくても良いのではと考えています。

  2. 場所をとる 30cm四方の場所を確保する必要があります。
    我が家も置き場にはかなり苦労しました。

我が家のウォーターサーバーは?

各メーカから出ているウォーターサーバーですが、我が家はヨドバシカメラのおすすめということで、プレミアムウォーターで契約しました。
プレミアムウォーターの詳細は以下のとおりです。

ウォーターサーバーの種類

プレミアムウォーターのサーバーは何種類かあり、種類によりレンタル料金が発生します。

無料サーバ

・スリムサーバーⅢ
・amadanaスタンダートサーバー

月額 1,000円

・cado × PREMIUM WATER ウォーターサーバー
・amadanaウォーターサーバー

我が家は、スリムサーバーⅢで契約しております。

水の種類

プレミアムウォーターで扱う水は、天然水となります。
水の採水地は3つ。

  1. 富士吉田
  2. 南阿蘇
  3. 金城

採水地によって、ミネラルの含有率が異なるようです。

また、水の種類によって配送地域で料金が発生します。

我が家は、富士吉田の天然水を契約しています。
3種類のうちで一番の軟水で赤ちゃんにも安全のようです。
配送地域も無料の地域でしたので助かります。

ボトルの種類

ボトルについては、回収不要のボトルとなります。
配送されるときに1セット2ボトル(1ボトル12L)届きます。
ボトルをセットする場所がサーバーの上なので、女性1人ではセットするのは大変かもしれません。
7Lのボトルの用意もあるようです。
水を使い切ると、ボトルが縮みますので普通のペットボトルと同じように処分することができます。

ボトルの配送時期

基本は3週間毎に配送されます。
ただし、最長4週間毎の配送に切り替えることができます。
水がいつもより多く使い、早めに配送してほしい場合はその手続も簡単にできます。
余っている場合も1度だけスキップすることも可能のようです。
手続きはスマートフォンで簡単にできますので、使い勝手が良いです。

いろいろ調べてから購入する性格なので、今回何も調べずに契約してしまい少し後悔していましたが結果的には満足しています。
今までは、ペットボトルを買いだめしておいたのですが、ウォーターサーバーに変わり今まで以上に安全な水が飲め、お湯も使えるという便利さにハマっています。
赤ちゃんのミルク作りにも活躍してもらえることを期待しています。