ムーファの日記

出産準備から子育て、資産運用などで考えたこと、思いついたことを気ままに記載していくブログ

東京都中央区保活戦略 4月認可保育園入園を目指して保活開始

f:id:muu-fa:20180603231838j:plain

我が家は1歳での4月に保育園入園を目指して保活を開始しました。

我が家が住む自治体は東京都中央区。

何気に保活の激戦区です。

保育園入園の申込み説明会で、区が把握しているだけで300人超えの待機児童がいることを聞いています。

普通に保活していたら、ほぼ認可保育園には入れない状況となっています。

共働き世帯に優しくない自治体ですよ。本当に。

でも、もっと待機児童が多い自治体もあるようなので住んでいる自治体によっては本当に大変な思いをすることになります。

この保活を有利に進めるために、我が家も保育園探しを開始しました。

スポンサーリンク

保育園の種類

東京都に住んでいる場合、保育園の種類は「認可保育園」、「認証保育園」、「無認可保育園」の3種類があります。

認可保育園

認可保育園は、国が定めた基準を満たし都道府県から認可された保育園をいいます。

申請窓口は自治体が行っており、自治体の定める基準によって申込者を点数化して認可保育園に入れるか判断します。

認可保育園の保育料は、世帯の所得割額で算定され安いのが特徴的です。

皆さん第一に認可保育園の入園を目指しますので、待機児童が多いと言っているのは、この認可保育園に入れない人のことを指すことが多いそうです。

認証保育園

東京都が独自の基準を設けて東京都が認証した保育園です。

認可保育園の基準よりかはゆるくなっています。

申請窓口は保育園となります。

認証保育園に入る場合は、区から保育料の一部を補助してる制度があります。

無認可保育園

国の基準を満たさない保育園です。

基準を満たしていないから悪い保育園と言うわけではありません。

独自色を出して教育に力を入れている保育園もあります。

申請窓口は保育園となります。

費用は比較的高めとなりますので、認可、認証に入れない場合の候補となります。

認可保育園に入るためには

認可保育園に入るためには、情報を集めることから始めないとなりません。

普通の共働き世帯が、10月ぐらいから始まる4月入園申し込みに申し込んだところで、保育園には入れません。

待機児童の仲間入りとなってしまうのです。

では、どうすべきかというとまずは入園申し込み案内をじっくり読み込むことが大事です。

自治体の窓口に相談することも良いと思います。

東京都中央区の保活

認可保育園の入園は、世帯状況を「点数」化することによって児童の優先順位が決定されます。

基本指数40点だと厳しい

フルタイムで働いている場合、「月20日以上の就労日数かつ7時間以上の就労を常態としている」の定義を満たすので、親一人に対して20点与えられ、両親で40点となります。

つまり、この40点以上を稼がないと認可保育園に入ることが難しい状況となります。

ちなみに平成30年4月の1歳児入園の結果では、40点では区立保育園にほとんど入園できていませんでした。

41点以上できれば43点以上を目指さないと入れないようです。

普通の共働き世帯では41点以上は難しい

基本指数の他に調整指数があります。

ただこちらも共働き世帯では、調整指数を取りに行くのはかなり厳しいです。

強いてあげるのであれば、早めに復職して無認可保育園に預けるというのが唯一実現可能な選択肢なのかもしれません。
(+3点追加)

優先順位

点数には加算されませんが、優先順位というのがあります。

点数が同点だった場合に状況により優先順位をつけて決定するとのことです。

現実的には以下の優先順位ぐらいしかできそうにもありません。

  • 区内の認可保育所を利用希望月から6ヶ月以上待機している場合

  • 中央区に継続して在住している期間が長い世帯

そうなるといかに早く途中入所の申込みをしておくかにかかっていますね。

とりあえず申し込み

4月認可保育園の入園を目指していますが、「区内の認可保育所を利用希望月から6ヶ月以上待機している場合」の優先順位を得るために保育園の申込みを行いました。

待機児童が多いため、途中入園はありえませんので「保育所入所保留通知書」が予定通り届きました。

これで4月入園までは、上記の優先順位を得られる状況となると思います。

まとめ

保活についてはあきらめムード感が漂っていますが、妻と相談しできることだけのことはやっておこうと言うことになりました。

認可保育園については、これで10月ぐらいに始まる申し込みまで待つことになりますが、認証保育園の見学や無認可保育園を使うかなどの検討に入らないといけないかなと感じています。

認証保育園、無認可保育園の情報はまだ集めていないので、これから調査ですね。

スポンサーリンク