ムーファの日記

出産準備から子育て、資産運用などで考えたこと、思いついたことを気ままに記載していくブログ

米国株を運用するならおすすめのネット証券会社3社

f:id:muu-fa:20180612232225j:plain

こんばんは。ムーファです。

今回は私が主に運用している米国株についてです。

資産運用をしようと思ったときに、まず証券会社で口座の開設をする必要があります。

証券会社も多くどこの会社で口座を開設すれば良いのか、初めて資産運用をしようと思う方は迷われると思います。

私も最初迷いました。

ただ、米国株を運用したいと思う方は自ずと証券会社が決まってきます。

米国株の運用を始めたいと考えている方の参考になればと思います。

スポンサーリンク

大手ネット証券会社

まず米国株に限らず日本株も含めて、証券会社として有名な5つの証券会社のご紹介です。

すでに資産運用を始めている方はすでに開設している証券会社もあるかと思います。

●大手ネット証券会社(5社)
*SBI証券 * 楽天証券 * マネックス証券 * カブドットコム証券 * 松井証券

ネット証券会社の魅力はなんと言っても手数料のやすさです。

野村證券やSMBC日興証券など大手証券会社と言われるところと比べると店舗を持たない分人件費が安く抑えられます。

そのため利用者に手数料の面で還元できています。

これから資産運用を始めるのであれば、上記5社から選べば問題ないです。

店舗型の大手証券会社はIPOの幹事会社になることが多いので優先的に割り当てられるというメリットがあります。

米国株が取引できる大手ネット証券会社

米国株が取引でいる大手ネット証券会社は限られています。

現在(2018年6月)のところ、SBI証券、楽天証券、マネックス証券の3社です。

上記3社のうちどれかを選べば問題ないです。

ただし、それぞれ特徴があるので見ていきたいと思います。

SBI証券

ネット証券会社最大手がSBI証券です。

他社にないサービスは以下のとおりです。

米国貸株サービス

保有している米国株、米国ETFをSBI証券に貸し出すことで、貸し出した株式に応じた貸株金利を受取ることができるサービスです。

持っているだけでお金が増えますので、魅力的なサービスですね。

ただし受け取った貸株金利は特定口座での対応はできないため、確定申告が必要となります。

米国株式、米国ETFの定期買付サービス

米国株式、米国ETFを毎月決まった日付や曜日で決まった金額もしくは口数を自動的に買い付けるサービスです。

投資信託みたいに金額指定(例えば5万円分)で毎月決まった日に買い付けることが可能です。

決まった銘柄を毎月買い付けたいという方にはピッタリのサービスです。

住信SBIネット銀行提携でお得

住信SBIネット銀行を経由することで、外貨買付手数料が安くなります。

他社の手数料は1ドルあたり25銭に対して、4銭で買い付けすることができます。

住信SBIネット銀行経由するだけで驚くほど安く済ませられます。

楽天証券

続いて楽天証券です。

魅力的なETFを販売する楽天証券。

突出しているサービスは特にないのですが、楽天と提携したサービスが魅力ですね。

楽天スーパーポイントで投資信託

楽天スーパーポイントで米国株や米国ETFを買うことができないのですが、投資信託を買えるのが良いですね。

米国株中心の投資信託もありますので、貯まった楽天スーパーポイントで投資信託を買うというのも良いかと思います。

楽天ユーザであれば、楽天証券で開設するのも良いと思います。

基本的なサービスは備えている

米国株を買うためのサービスは他の証券会社と同じ条件となっています。

マネックス証券

最後にマネックス証券です。

マネックス証券も他の2社にないサービスを展開しています。

取扱銘柄が豊富

取扱銘柄は各社バラツキがあるのですが、マネックス証券が圧倒的に扱っている銘柄が多いです。

欲しい銘柄が扱ってないということはないと思います。

他の2社と比べても倍以上の銘柄を扱っていますよ。

時間外取引が可能

マネックス証券は時間外取引が可能です。

米国夏時間の場合、日本時間で以下の時間で取引をすることができます。

日本時間: 21:00〜翌9:00(立会時間:22:30〜翌5:00)

5時間半の時間外取引をすることができます。

指値期間が90日

マネックス証券は指値を90日間指定できます。

何度も指値の設定をしなくてもよいので助かりますね。

まとめ

表にまとめてみました。

SBI証券
楽天証券
マネックス証券
手数料 5米ドル〜20米ドル
(約定代金の0.45%)
5米ドル〜20米ドル
(約定代金の0.45%)
5米ドル〜20米ドル
(約定代金の0.45%)
取扱銘柄数 1,409 1,370 3,301
特定口座
NISA
時間外取引
指値期間 15営業日 当日 90日
貸株

私はSBI証券をメインに取引をしていますが、メジャーな銘柄を選ぶには特に困ったことはありません。

幅広い銘柄を選びたいという方はマネックス証券がおすすめだと思います。

スポンサーリンク