ムーファの日記

出産準備から子育て、資産運用などで考えたこと、思いついたことを気ままに記載していくブログ

【資産運用】5/28-6/1 米国市場1週間の動き

先週末、日経平均は小幅下落、NYダウは大幅上昇で終わりました。

米朝首脳会談が予定通り順調に進みそうだという見通しがたったことと、米雇用統計が好調だったことがNYダウの大幅上昇につながりました。

地政学リスクは後退しましたが、順調に進むのでしょうか。

まだ一波乱ありそうな気がしてなりません。

日経平均は、-30.47 (-0.14%)の22,171.35円でした。

先週一週間は下落基調でしたね。

NYダウは、+219.37 (+0.90%)の24,635.21ドルとなっております。

NYダウも1週間前と比べると下落しており、週末に盛り返した感じです。

円相場は週半ば108円を切る勢いでした。

NYダウ

f:id:muu-fa:20180602232112g:plain

日経平均

f:id:muu-fa:20180602232140g:plain

ドル円

f:id:muu-fa:20180602232158g:plain

スポンサーリンク

貿易摩擦で円高傾向に

先週は1ドル109.53円で取引を終了しました。

米雇用統計の好調を背景に週後半は上昇しましたが、米国の鉄鋼・アルミの関税措置に対応して報復措置を各国が取るなどして貿易摩擦が重しとなりました。

地政学リスクの次は貿易摩擦と話題が事欠かないですね。

アメリカ株市場

先週末は地政学的リスクの後退で反発しました。

イタリア新政権が発足しユーロ離脱の選挙が回避されたことと、米朝首脳会談が予定通り6月12日に行われる見通しとなりました。

ハイテク株が上昇しましたね。

貿易摩擦問題はエスカレートの兆しが見えており、今後の動向に注視する必要がありそうです。

先週の資産状況

我が家の資産状況は、未だ損失の状況です。

損失はあまり気にしないことにして、配当金を積み上げていくことを意識していきたいと思います。

まとめ

6月は貿易摩擦の行方がどうなるか注目ですね。

各国アメリカに対して対応措置をとっているので、そのように決着するのかが見ものです。

個人的には6月12日の米朝首脳会談が気になります。

6月はワールドカップもありますからね。

経済にはあまり関係ないかもしれませんが、ワクワクする月になりそうです。

スポンサーリンク