ムーファの日記

出産準備から子育て、資産運用などで考えたこと、思いついたことを気ままに記載していくブログ

【資産運用】6/4-8 米国市場先週1週間の動き

先週末、日経平均は下落、NYダウは上昇で終わりました。

米国市場の商いは薄かったようです。

貿易を巡る警戒感が薄くなりましたが、米国や欧州の中央銀行が来週開く政策会合や12日の米朝首脳会談を控え様子見の情勢でした。

日経平均は、-128.76 (-0.56%)の22,694.50円でした。

一週間上げてきたのですが、週末に萎んでしまいましたね。

NYダウは、+75.12 (+0.30%)の25,316.53ドルとなっております。

NYダウは、1週間上昇傾向でした。

円相場は週末にかけて110円を切ってしまいました。

NYダウ

f:id:muu-fa:20180610115623g:plain

日経平均

f:id:muu-fa:20180610115640g:plain

ドル円

f:id:muu-fa:20180610115656g:plain

スポンサーリンク

G7サミットの難航懸念で円優勢

先週は1ドル109.53円で取引を終了しました。

週末に始まったG7サミットの難航が懸念されるとの予想から安全通過とされる円の買いが入りました。

12-13日に開く連邦公開市場委員会(FOMC)で利上げを決定するとの予想が大勢されるため、この1週間は変動あるかもしれません。

アメリカ株市場

先週末は上昇で終わりましたが、米国や欧州の中央銀行が来週開く政策会合や12日の米朝首脳会談を控えているため様子見ムードでした。

そんな中でも、売られまくっていたフィリップモリスが増配を発表し2.6%高となっています。

同じく売られていたプロクター・アンド・ギャンブル(PG)も買われて、1.9%高。

主要消費財が牽引した形でした。

フィリップモリスはかなり下げていましたが、増配発表してくれて本当に良かったです。

先週の資産状況

我が家の資産状況は、未だ損失の状況です。

最近元気のなかったPM、MO、PGが週末に上昇してくれてよかったです。

今後も少しずつ上げてくれれば、損失も解消されていくのですがそう簡単にはいかないでしょうね。

まとめ

今週は、米朝首脳会談ですね。

この会談の行方で市場が大混乱と言うことはないと思いますが、多少は影響するのでしょうね。

目の話せない1週間となりそうです。

スポンサーリンク